3月末の引越し

引越し,3月末

3月末。新生活の準備などで引っ越しをする人が1番多い時期です。

 

この時期の引っ越しで、気になるのが果たして予約を取れるのかということと、そんなに忙しい時期って引っ越し代が高くつくんじゃ、、、という心配です。

 

引っ越しについての口コミ

 

 

でも心配しなくても大丈夫です。無料の引越しの見積もりサービス(引っ越し侍)などを利用すれば、自分はお金を払わずとも最安値でレベルの高い引越し屋さんに出会うことはまだまだ可能です。

 

これは引っ越しを予定している時期の事前であればあるほど安くなる可能性が高いのでなるべく早めに一度自分の場所から引っ越し先までがいくらくらいの相場なのかを調べておきましょう。

 

 

以下におすすめの引っ越し査定サービスを紹介しておきます、

 

引っ越し侍
テレビCMなどでもやっていて安心して利用できるサービスです。もちろん無料なので使わないと損です。

 

引っ越し価格ガイド
こちらも利用者数が多く、使ってもみてもよいサービス。こちらも無料なのでオススメできます。

 

引越し,3月末

引越し,3月末

3月末は引っ越し料金は高いのか

ところで、引越し価格が時期によって相場が異なるかどうかについてですが、結論としては異なります。

 

繁盛期で3月中旬〜3月末〜4月初旬と閑散期では料金も異なりますす。

 

最もわかりやすい例としては3月・4月のいわゆる新生活がスタートする時期は繁盛期の為、料金は高めになってしまいます。

 

ですが4月末はどうでしょうか。こちらはピーク時を終えたあとになります。

 

多くの人が引越しを終えているので、業者も少し余裕がでて料金も落ち着く頃でしょう。

 

いつ頃引っ越すのが安いのかざっとみておくと良いです。

見積もりシュミレーション

 

裏を返すと閑散期にあたる6月と11月〜1月にかけては、
料金は格安で行っている業者が多いですね。

 

6月は人事異動などの配置換えが少ない時期で、11月からは年末になることが
理由なのでしょう。

 

なので、狙い目は閑散期に引越しするのが賢いやり方だと思います。
ただ、引越しは狙ってやるものではありません。

 

ですから、もしも来月が閑散期に入る方などが少し時期をずらしてみるというのが
有効な手段になるでしょう。

 

引越し業者も繁盛期だけに働いているわけではないので
閑散期に利用するのはお互いにとってメリットになります。

 

でもやはり、どうしても3月末に引越しをしなければならない状況ってあると思います。

 

そういうときはできるだけ多くの(地域密着の引越しサービスクロネコヤマトやアート引越センターのような大手まで)見積もりを比較してみるとよいです。それぞれの引越しサービスがそれぞれのメリットを絞り出して競争してくれます。

 

引越し,3月末

 

自分の引越しはいくらになる?

 

結果的に最安値だったり、こちらにとって都合が良いものなどを選択すれば良いのです。

 

知らないのと知っているのでは引越しにかかる費用も大きく変わってきます。

 

覚えておくと得になることなので、
覚えておいていただければと思いますよ!

 

3月末の高いといわれている引越しの相場や料金を知ることの必要性は?

3月末の引越しをする場合に引越し見積もりが必要かどうかについてですが、
結論としては必須でしょう!

 

3月末は引越し業者にとって繁盛期だからどこにしてもそれほど違いは
ないのでは?と思い、引越し見積もりが不要だと考えてしまう人がいます。

 

確かに繁盛期はどの業者も料金が3割増しになるのが普通なので、
金額としては高くなってしまいます。

 

ですが、金額として3割増しだとしても業者が提供する基本的な金額は、
それぞれ異なっているのはお分かり頂けるでしょう。

 

つまりは基本的な金額が安い業者は結果的に料金が安くなるということです!
繁盛期でもその点は同じなので、基本料金が安いところを探すのは無駄ではないのです。

 

むしろ、繁盛期だからこそ早い段階で安い業者を押さえなくてはいけません。
そうした業者を探すのならば引越し見積もりサイトがお奨めです!

 

引越し見積もりサイトは一括で複数の業者に依頼できますし、
業者の口コミなども公開されていますからとても参考になり、
便利です。

 

僕がいくつか利用した見積もりサイトのなかでは、
特に引越し侍は良心的なので利用する価値あってオススメです。

 

引越し侍
https://hikkoshizamurai.jp

 

 

3月の忙しい時期の引越しのいろいろな料金や安い方法を比較するにあたってこちらの3月末の引越の相場。料金をお得に引越しするにはというページを参考にしました。
こちらもご参考までにどうぞ。